[日本]2024年度から導入予定の新紙幣 日銀で公開 最新の偽造防止技術

[日本]2024年度から導入予定の新紙幣 日銀で公開 最新の偽造防止技術

来年度から流通が始まる新紙幣が報道陣に公開されました。紙の厚みは場所によって異なるのが特徴です。

一万円札には渋沢栄一、5千円札には津田梅子、千円札には北里柴三郎の肖像画が採用された新しいお札。様々な偽造防止の技術が使われています。

記者
「あ、ツルツルしていない。ボコボコしてますね」

紙の厚みは触る場所によって違い、インクを高く盛り、表面におうとつをつける印刷技術などが使われています。また、世界で初めて肖像が浮かび上がるホログラム技術も採用されました。

これまでより大きくなった数字表記や、識別マークの場所を変えることでお札の種類がわかるようになるなど、誰でもわかりやすいユニバーサルデザインになっています。

2024年度の上半期の流通に向けて準備が進められている新しいお札は、流通までの間は東京・中央区の貨幣博物館や全国32か所にある日本銀行の支店などで見ることができます。

また、これまでの紙幣は新紙幣発行後も使うことができ、日銀は「『現在のお札が使えなくなる』などといった詐欺行為に気をつけて欲しい」としています。

オススメ
ベトナム CPTPP履行のため、日本と協力

(VOVWORLD) – ベトナムと日本の二国間関係について、チン首相は、両国関係があらゆる分野で力強く発展し、昨年、確立された包括的な戦略的パートナーシップに見合ったものとなっていると述べました。...

在日本ベトナム人コミュニティ、両国の貿易促進のために尽力

(VOVWORLD) – 3日夜、ハノイで海外ベトナム人連絡協会はベトナム・日本経済協力促進協会と連携し、ベトナム・日本貿易促進の集いを開催しました。...

(0) コメント
コメント