チン首相 タイビン第2火力発電所の落成式に出席

チン首相 タイビン第2火力発電所の落成式に出席
VOVWORLDにより - 27日午後、北部タイビン省タイトゥイ県で、(ペトロベトナム)ベトナム石油ガスグループは、タイビン第2火力発電所の落成式を行いました。式にはファム・ミン・チン首相が出席しました。

式で発言に立ったチン首相は、タイビン第2火力発電所の落成は北部ホン川デルタをはじめ、ベトナムのエネルギー安全保障に寄与すると強調し、同発電所の安全で効果的な稼働を確保するよう求めました。

なお、面積130ヘクタールの敷地に建設されたタイビン第2火力発電所の最大出力は1200メガワットで、北部ホン川デルタ最大の発電所となっています。完全稼働すれば、年間72億キロワットアワーの電気を提供することができます。

オススメ
ベトナム CPTPP履行のため、日本と協力

(VOVWORLD) – ベトナムと日本の二国間関係について、チン首相は、両国関係があらゆる分野で力強く発展し、昨年、確立された包括的な戦略的パートナーシップに見合ったものとなっていると述べました。...

在日本ベトナム人コミュニティ、両国の貿易促進のために尽力

(VOVWORLD) – 3日夜、ハノイで海外ベトナム人連絡協会はベトナム・日本経済協力促進協会と連携し、ベトナム・日本貿易促進の集いを開催しました。...

(0) コメント
コメント