ベトナム国会、付加価値税率引き下げ措置の延長を了承

ベトナム国会、付加価値税率引き下げ措置の延長を了承
(VOVWORLD) - 13日午前のハノイでの国会常務委員会第34回会議で、現行の10%の付加価値税(VAT)率が適用されている商品・サービスに対し、VATを2%引き下げて8%とする政府の提案について協議が行われました。

政府は第15期国会第7回会議に提出した要請書で、実施中のVAT引き下げ措置を2024年末まで延長することを求めていました。

多くの議員が、経済が回復途上にあり課題も多く残されていることから、政府の要請と財政予算委員会の予備審査を高く評価しました。VATの免除・引き下げを継続すれば、消費者の支出増加を後押しでき、景気回復の勢いも維持できるとの見方です。

会議でチャン・タイン・マン国会議長は、関係機関が政府提案に基本的に同意したと指摘し、第7回国会会議での決議案採択に向けて、政府と財政予算委員会に詳細を詰めるよう指示しました。目的は消費需要を刺激し、生産・ビジネス部門を活性化させ、経済成長の勢いを取り戻すことにあります。

オススメ
ベトナム CPTPP履行のため、日本と協力

(VOVWORLD) – ベトナムと日本の二国間関係について、チン首相は、両国関係があらゆる分野で力強く発展し、昨年、確立された包括的な戦略的パートナーシップに見合ったものとなっていると述べました。...

在日本ベトナム人コミュニティ、両国の貿易促進のために尽力

(VOVWORLD) – 3日夜、ハノイで海外ベトナム人連絡協会はベトナム・日本経済協力促進協会と連携し、ベトナム・日本貿易促進の集いを開催しました。...

(0) コメント
コメント